うつ病の人の接し方は知ろう!味方になれる方法

精神的病を持つ方に対して

悩む人

なるべく心の傷に触れない

現代はストレス社会です。仕事や家事、人間関係に追われて疲労感に悩まされる方は明らかに多いと言えます。疲労は意外にも恐ろしいところがあり、場合によっては人を「うつ病」にまで追い込んでしまいますから、注意すべきです。なるべく疲れないようにする、疲労感が強くなってきたら休む、倒れそうなら休暇をとるなど、対策が必要になります。仮に「うつ病」を患っている方が近くにいる場合、接し方に気をつけなければいけません。その理由は、一般の人向けの対応や常識的な接し方をすると、症状を悪化させてしまう恐れがあるからです。「うつ病」になってしまうと、悲しみや苦しみ、悩みや不快感、コンプレックスなどの負の感情に支配されてしまうため、人よりも過敏になることや、ネガティブな考えに陥りやすい特徴が出てきます。軽視はできない病、「うつ病」を持つ人は常に苦しんでいるのが問題点です。接し方に注意すべきですが、話しかける方や対応する人は、神経を使う必要性があります。たった一言で相手のメンタルにダメージを与える恐れもありますから、日常生活で必要な挨拶や、掛け声程度に留めておくことも大切です。また、話しを聞いてあげるように対応することが適していますが、自分から「うつ病」を持つ人に意見を要求したり、何か負担になる行為をさせたりするアクションはしてはいけません。苦しみや悲しみ、コンプレックスなどの負の感情はとても強く、正の感情である愛や喜び、楽しみを打ち消します。もしくは打ち消そうとしますから、「うつ病」を持つ方に正の感情を投げかけることは避けるべきです。しかし、負の感情をぶつけても、病はエスカレートします。そこも意識してトラブルを回避しながら、接し方を工夫する必要があります。うつをなるべく速めに治したいなら、安静にして自律神経の働きが整うようにアクションすべきです。安静にしながら、交感神経が調度よく働きかけるように緑茶を朝と昼に飲む、食欲がなくてもなるべく豆腐や豆乳などを口にするようにすれば、回復は速くなるでしょう。医薬品との併用が前提ですが、緑茶は薬と合わせて飲まないようにすべきです。カフェインが薬の働きに影響を与えます。

Back to Top