うつ病の人の接し方は知ろう!味方になれる方法

心の病気と闘う人

悩む人

病気の克服方法

会社や学校など様々な人が集まる所では、いろいろな問題に直面します。人間関係であったり、学業の成績や仕事の業績がストレスとなって、うつ病を発してしまう人も多いでしょう。私も以前にうつ病になってしまいました。うつ病の人は毎日が不安になったり、一日の中で気分が大きく変わったりします。自分一人でなんとか克服したくてもなかなか解決できないものです。しかし、診療内科に家族と通い症状をだいぶ軽くすることができました。その時、うつ病の人に対しての接し方を勉強することができました。患者さんの気持ちはとても敏感でデリケートです。症状についてよくわからない人にとっては理解されにくいかもしれませんが、接し方次第でその患者さんの症状はかなり回復します。まず、大切なことは焦らせないことです。うつ病の人は自分が今よくない状況だと考えています。だから、急いで症状をよくして元気になりたいと考えているのです。でも、実際は急いでもなかなか回復のめどが立たないのがうつ病です。だから、ゆっくり焦らず一緒に回復を待とうという接し方がとても大切です。また、挑戦することに対しても臆病になってしまいます。どうしても自分に自身が持てなくなるのもうつ病の特徴です。だから身近の人たちは、うつ病の人が挑戦して失敗するようなことがあっても、また何度でも挑戦すればいいしあきらめてもいいという気持ちでゆっくり見守ってあげるといいでしょう。この接し方で患者さんも焦らなくてもいいんだ、失敗してもいいんだと考えるようになり、時間の経過とともに症状がよくなります。また、困難なことに直面したとき物を壊したり、人に強く接したりすることもあります。症状が理解できない人にとっては、わがままだと考えたり、以前とは性格が変わってしまったのかと勘違いしたりするかもしれませんが、これも症状の一つです。うつ病の人はなんとかしたいのに、できなくてこういう行動にでてしまうのです。このようなことに直面した時の正しい接し方は、物を壊したり人に強く接したりしても利益がないということをとても優しく諭すことです。なぜならばうつ病の症状があっても利益があるかないかはよく理解できるからです。

Back to Top