うつ病の人の接し方は知ろう!味方になれる方法

家族が精神疾患になったら

相談

正しい対応方法

現在はストレス社会と言われており、誰もがうつ病などの精神疾患に掛かってしまう可能性があるので、十分注意しなければいけません。自身に限らず、家族や親戚、友達もうつ病になってしまうこともあるので、万が一のためにもある程度知識を付けておいた方が良いでしょう。うつ病は非常にデリケートな精神疾患なので、対応を慎重に行う必要があり、身近な人が発症したら迅速にサポートしなければいけません。ちょっと行動が変だと感じたら、すぐにメンタルクリニックや心療内科に連れて行き、カウンセリングを受けさせるようにしましょう。発症した本人がうつ病になったことに気付かないケースも多く、医師に相談せず最悪の事態になってしまうこともあります。うつ病は早期発見が重要で、なるべく早く治療を開始させることが回復の近道と言われています。もちろん自身や家族のみで回復にさせることも可能ですが、知識が豊富な専門医と二人三脚で行った方が確実で、自身に合った方法を勧めてくれます。又、患者に対しての接し方を指導してくれる病院もあるので、なるべう家族の方も同行して話を聞いた方が良いでしょう。いつ何時、何が起こるかわからないので、うつ病に掛かった人に対しての基本的な接し方を前もって学んでおくのも良いでしょう。まず第一に優先することは間違った接し方を知ることで、うつ病になってしまった方を嫌な気持ちにさせないようにしましょう。「ひそひそ話をしない」、「仕事の話しをしない」、「否定をしない」、「症状を聞き出そうとしない」などがやってはいけない主な接し方です。うつが発症した方は被害妄想が強くなってしまうため、ちょっとしたことでもすぐに気になってしまうようです。正しい接し方で最も重要なのは、「環境整備」と「病状関係なく優しく対応」することで、自然に行っていくことがポイントとなってきます。リラックスできる生活環境を整え、病気のことを忘れさせるように接することで徐々に回復に向かっていきます。並行して薬での治療も行うのは当たり前ですが、周囲の方々がしっかりサポートすることが最も大切だと言われています。

Back to Top